Service

MC-JAPANのコンサルティング

実現に向けてお手伝いします

  • アポイント・商談・契約件数を早急に増やす
  • アポインターのトークスキルを向上させる
  • コールセンター運営や経費の削減、業務効率化
  • コールセンターの管理者や
    スーパーバイザー(SV)の育成
  • アポインターの離職率を下げる/採用の費用対効果を上げる

コールセンターコンサルティング

1. コールセンター立ち上げ

立地選びからお手伝いいたします。周辺の利便性などを調べ、費用対効果が合うかどうか検証します。コールセンターといっても、オペレーターが集まらないことには始まりません。ニーズに合った給与体系や募集内容を一緒に考えさせて頂きます。

2. コールセンター運営

オペレーターの面接や採用、研修内容の構築をさせて頂きます。実際にプレイヤーとしてモデルを示し、自社のSVさんに実践して頂きます。また、コールセンター内の雰囲気づくりも重要になってくるため、朝礼や終礼の内容についての工夫も行っていきます。

3. 品質管理 / 品質改善

トークスクリプトは作って終わりではありません。日々変 わりゆく社会の中、トークスクリプトに常に旬な話題を盛り込み、お客様に飽きさせない内容に更新致します。また、自社にある様々なデータやリストに対し、どういったアプローチをするのが最善なのかを提案します。

4. コールセンター研修

研修と一概に言っても、知識研修やトークスキル研修、モニタリング研修など、その時の状況によって異なります。何が足りないのかを見極め、研修内容を実践で直に活かすためにロールプレイを徹底します。研修で出来ないことは本番でも出来ないため、このステップをきちんと踏むことが重要になってきます。

他のお悩みにもクライアント様1社1社に合わせ、
丁寧に解決策を提案します。

特定の人がいないと
仕事が回らない

人材の定着率が悪い

  

人材募集をしても
件数が少ない・
ミスマッチが生じる

    
  

応募から採用に
結びつかない

  

ECサイトオープンに
向けて何から始めれば
いいかわからない

    
  

PV数を上げたい

  

どんな時代も必要とされる
コンサルタントであること

私共の最終目標は、「MC-JAPANと出会えて本当によかった」とクライアント様に言っていただくことです。世の中はたくさんのサービスで溢れています。それでも「本当に必要なもの」に出会うのは情報過多のこの時代に難しくなってきています。そんな中で私共のコンサルティングサービスで業績が上がった、問題解決をした、と仰って頂けることは大変嬉しく、我々の存在意義となります。「お客様のお役に立ってこそのMC-JAPAN」を忘れずに、長くお付き合い頂ける企業であり続けます。