Case

案件事例のご紹介

ち上げから3ヶ月で営業利益黒字化達成!

コールセンターの物件決めからアポインターの募集、システム導入、備品の購入など、コールセンターオープンに伴う業務を一貫してお任せいただきました。アポインターの研修、アポ取りも率先して行いました。軌道に乗ってからは、拡大やSVの育成なども行いました。

  

ゼロからコールセンターの立ち上げは右も左もわからない状態だと、多大なエネルギーが必要となります。この度、当社を信頼していただき、ゼロからお任せいただきました。お客様のご理解とご協力により3か月というスピードで営業利益黒字化を達成致しました。

ステムと架電時間の見直しにより、代理店で全国1位の契約件数を獲得!

コールセンターオープンに伴う業務を一貫して行いました。また架電効率に比重を置き、システム・架電時間の見直しと、自社に合ったコールシステムの選定を行いました。

 

自社のリソースを最大限に生かす体制を作り、過去最高の架電件数、アポ件数、契約件数を達成しました。また、単月で代理店全国1位の契約件数を獲得することが出来ました。他の代理店と突き抜けた結果を出すためには、どこも同じようなやり方になってしまっているからこそ新しいやり方を積極的に取り入れていくことが大切です。

業利益を最大化する組織体制へ

業務フローをそれぞれの部署毎、担当者毎に出していただき、無駄な業務がないか洗い出しました。無駄な業務を省き、一人一人の生産性を上げることにより、人材をカットせずとも人件費を削減、その分売上を上げるためのアクションに移ることが出来ました。

 

ゼロ売上の割には利益が少ない。そのためには組織体制の見直しと経費の削減が必要です。頭ではわかっているけど、実行できないという社長様も多いです。私共のような外部の人間を使っていただき、スピード感を持って業務改善に取り組んでいただくことが出来ました。

集経費を半分に抑えて、求人応募者数が3倍に!

似たような業種が集まるエリアにあっため、他社との差別化が必須です。求人媒体の選定、自社の強みをアピールした募集原稿の構築、写真や動画もターゲットに合わせた内容に変更しました。また、応募から面接までのロスを減らすための工夫もしました。

 

ターゲットと地域に合わせ、募集媒体の変更をしました。いくつかの強みをしっかりアピールすることにより、今までとは違う層の人材の応募も多数ありました。また、応募から面接までの対応を工夫することにより、面接率も15%UP出来ました。