こんにちは、テレアポ主体のコールセンター運営コンサルティングを行なっているMC-JAPANと申します。

コールセンターで取得したアポは誰に供給していますか?

供給先の営業さんや、会社とのコミュニケーションは十分ですか!?

SV(管理者)の仕事は、アポを取得して終わりではありません。

アポを取得した後のことを考えましょう!

そのアポ、ちゃんと繋がっていますか?

コールセンターでアポを取得しても、その先に繋がらなかったら意味がありません。

最終的に売上に繋がるアポを取得することがコールセンターの役割になります。

このような問題は抱えていないでしょうか?

  • アポ供給先(営業さん)とのコミュニケーションが十分に取れていない
  • アポに対する不満の声が上がっているが解決できていない
  • 会社全体の売上や目標の達成ができていない
  • アポの質や数を増やしたいが、どのように改善したらよいかわからない

SV(管理者)はコールセンターの管理者であるため、アポを売上に繋げるためには、どうしたら良いかという課題に取り組まなければなりません。

アポを売上に繋げるためには

では、アポを売上に繋げるためにはどうすれば良いでしょうか。

まずは、アポ供給先である営業さんとのコミュニケーションを増やしましょう。

アポの質や数について、必ずフィードバックをもらってください。

そして、フィードバックを踏まえた上で、営業さんとのミーティングを行うようにしましょう。

その上で全体目標が達成できていないのであれば、その一部を担うアポにも問題があるはずです。

しっかり全体像を捉えてコールセンターで改善できることがないか常に考えて行動しましょう。

これらを実行すれば改善策が必ず見つかります!

まとめ

目的とするアポを1件でも多く取得することがコールセンターの仕事ですが、そのアポはどこへ行くのでしょうか?

もちろん、営業さんにバトンタッチし、その後は契約獲得を目指します。

取って終わりではなく、最終目的の手段であるからこそ、アポ取得後のことを考慮し、改善を続けていかなければいけません。

アポ取得後に関わる人達とのコミュニケーションやミーティングを重ね、質と件数の向上に努めましょう!

★MC-JAPANなら

アポの質が上がらない。

アポの件数が上がらない。

このような問題を抱えている

コールセンターはご相談ください。

MC-JAPANが解決策をご提案致します!

売上・アポ数を伸ばしたい!
管理が大変!
人手が足りない!

まずはお気軽にご相談ください。

簡単な状況を教えていただければ、MC-JAPANがヒアリングしながら解決策を提案させていただきます!

お問い合わせをいただきましたら、1営業日以内にご連絡いたします!

記事No.sv202209-km-ih